土地家屋調査士とは

土地家屋調査士の仕事は、不動産の物理的な現況を正確に登記簿の表題部に公示する為の調査・測量、図面の作成・申請手続きなどを行なう仕事です。

よく登記というと司法書士さんをイメージされる方が多いのですが、私たち土地家屋調査士が扱っている登記は、表示に関する登記という部分です。

 

不動産を安全に取引する為に、土地や建物が、どこにあって、何に使われているか、どのような形をしていて、どのくらいの広さがあるか、というような情報を登記簿の表題部に正確に標記されることが重要になります。

このことを業として認められてのが土地家屋調査士の仕事です。

業 務 内 容

資料調査

 法務局や市区町村役場・関係機構などに出向き書類や図面を中心に調査します。

 

現地調査

周辺地の状況や敷地の境界確認・登記できる建物であるか等を調査します。

 

建物表題登記          

 建物を新築した場合           

                      

建物表題部変更登記

 増築・減築又は種類等を変更した場合など 

 

建物滅失登記          

 取壊し工事等で、建物でなくなった場合など

 

土地地目変更登記         

山林、畑等を造成して宅地に変更したような場合など   

 

土地地積更正登記

実際に測量した結果、登記上の面積が誤って登記されていることが判明した場合

 

土地分筆登記

一筆の土地を数筆に分けたい場合(相続や一部売買をしたい場合)

 

土地合筆登記          

数筆の土地を一つにまとめたい場合

 

*この他にも建物分割登記・建物合併登記・区分建物の登記合体による登記等があります

現況測量

  家の建て替え・現に使用している境を知りたい場合など、既存のブロック塀や工作物を測量します。

  

●民有地との境界確定測量

  隣接土地所有者と境界立合いを行ったうえ、正式な境界線を確定いたします

 

公共用地との境界確定測量

 道路や水路との境界を確定する為の、役所と協議の上、正式な境界線を確定致します。