• 関土地家屋調査士事務所 ADR手続代理認定 土地家屋調査士 関 京子

インタビュー

スペシャリスト

関土地家屋調査士事務所

スポーツに熱中した青春時代を経て自身の働き方を見つめ直し、“足跡を残せる仕事を”と土地家屋調査士を志す。都内の土地家屋調査士事務所に勤め、現場を経験しながら資格を取得。5年間の実務経験を積んだ後、独立開業を果たした。

関土地家屋調査士事務所
住所 〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-6-7 クワイエット・プレイス 101
TEL 03-5969-9520
FAX 03-5969-8088
URL http://www.seki-totikaoku.com/

辺見 土地家屋調査士として活躍される女性の方は珍しいのではないでしょうか?

 業界の95%以上が男性という中、女性で、しかも独立している方は本当に少ないです。測量結果の資料が半永久的に残り、法務局に備え付けられている図面には作成した土地家屋調査士の名前が記載され、後世に対する責任が大きな仕事ですが、それがやりがいにも繋がっています。また机上の仕事に加えて現場に行くことも多く、学生時代はバスケットボールに没頭していた私にとって体を動かせる点も魅力的です(笑)。

辺見 ご自身に合ったいい仕事に巡り会えたのですね。

 今はとても充実していますが、仕事のご依頼は不動産会社さんや税理士さんなど専門職の方からのご紹介がほとんどで、土地家屋調査士の仕事が一般の方にあまり知られていないのが少し寂しいです。特に土地の境界問題でお悩みを抱えている方や相続の事前準備を考えている皆様に対してお役に立てることが多いので、直接ご相談頂けるようになればいいな、と思います。特に相続の際は事前に土地の境界確定を行い、不動産の財産価値を明確化しておくことが重要なカギを握ります。

辺見 そうなんですか!?お話しを伺うまで存じませんでした。

8967_k 不動産は最も高価な財産として評価される一方、現金や有価証券のようにすぐ換金することが難しい上、非常に分けづらいもの。その財産価値には不透明な部分が多いです。価値の明確化には、道路や隣接地との境界をはっきりさせ面積確定の測量をする必要があるのですが、近隣の方のご協力が得られないと非常に時間がかかってしまいます。最悪は境界未確定地となり、売却時の財産価値が大幅に変わる恐れも生じるんですよ。万が一の時、残されたご家族がトラブルなくスムーズに相続財産を引き継げるよう、生前に土地の境界確定測量をしてご自身の財産を把握されることを勧めしています。

辺見 今のお話も含め、土地家屋調査士の大切さをもっと知って頂きたいですね。

 ええ。私たちの存在を知って頂くことで、安心して不動産を所有して頂けるような仕事をしたいと思います。ちょっとした疑問や質問があれば、気軽に相談してくださいね。

8967_g
GUEST COMMENT

辺見 マリ

関所長は私の娘と年齢が近いこともあり、娘と接している時と同じ気持ちになっていました(笑)。肩書きだけ聞くと近寄り難いイメージもありますが、質問に分かりやすく丁寧に答えてくださり、どなたでも相談しやすいと思います。若年の女性土地家屋調査士として、ぜひ業界をリードしていく存在となってください!