お隣さんとの境界トラブル対策

近年、お隣さんとのトラブルは、土地の境界問題から引き起こすことが、非常に多く聞かれます。

このような問題を抱えて生活するのは、非常に苦痛であり精神的な負担も大きいこととお察しします。

 

 

☑「今は、とりあえず売却するわけでもないし、無理にことを荒立てたくないか

  ら放っておく。」

 

☑「境界問題をだれに相談すればいいかわからない。」

 

☑「裁判をした場合、費用や時間がかかってしまうだろうし、精神的負担も大き

  いだろう。」

とお考えになり、そのまま問題を放置している方が大半なのではないでしょうか?

これでは、いつまでたっても問題は解決しませんし、年月が経てば経つほど問題が複雑化してしまいます。

 

いざ、売却しようとおもった時、相続が発生した時、家の建て替えをしたい時等、面積をどうしても正確に出さなければならないときになって、お隣さんとの境界線に対する認識の相違が発覚したのでは、そのお隣さんとの境界問題を解消しないかぎり、面積は決まらないので、いざという時にスムーズにことが進みません。

 当方では、境界問題の早期の解決に力をいれて取り込んでまいりたいと考えております。

 

お隣との境界に関しての認識に相違が生じた場合の解決策として、法務省が問題に応じた解決制度(筆界特定制度・民間解決代理手続関係業務)も設けております。( *詳しくは業務内容をご参照ください。)

どのように境界線を明確化すればよいか?まずは、お気軽にご相談下さい。